アトピーと食事について

食事を食べると、身体は必要なものと、そうでないものとに区別します。

これが免疫です。

 

身体は必要なものを欲して、不必要なものは避けていきます。口から吐いたり、お腹から

 

下したりするのは、不必要なためです。胃から吸収された毒素が皮膚から排出する時がありあります。これがアトピーです。

 

今は農薬や保存料、食品添加物など人工のものがたくさんあります。

人工のものは身体に負担になるものが多く、自然のものが負担が

 

少ないです。内蔵に負担をかけると、機能が弱くなり、肝臓などは

毒素を処理できなくなります。そうしますと毒素が皮膚に現れ

 

アトピーが悪化しかねません。食事する時は出来るだけ毒素を

取らない工夫が必要です。そうすると、内蔵の機能も回復し

アトピーも改善していきます。

 

 

 

電話 

0942-32-2870

福岡県久留米市長門石2-11-34

営業時間 10:00~19:00

定休日 水曜日、金曜日